副業と複業の違いとは

目安時間2分

発音は同じだし、似ているように思われがちだと思います。でもこの2つは分けて考えたほうがいいものです。

 

副業と複業の違い

副業とは

こっちは一般的に使われる副業ですね。主な収入源が他にあり、その収入を補うためにする仕事のことです。通常は収入額の大きい方が本業、少ないほうが副業という認識になると思います。本業が「主」副業が「従」の関係になっているというイメージです。

複業とは

副業は本業が「主」副業が「従」の関係と説明しましたが、一方複業は主従の関係がない仕事ということができます。どちらも「主」であるといったほうがイメージしやすいかもしれません。こちらの場合は収入額に違いがあっても、どちらも同じくらい自分にとって重要な仕事です。

 

まとめ

副業の場合は主従が明確になっているというイメージですね。それに対して複業には主従がなく、両方とも主というイメージです。

余談ですがサラリーマンの約20%が、本業の他に仕事をしているといわれています。政府が副業容認の方向へ動き出したとはいえ、まだまだ副業禁止の会社も多いでしょうから、みんな内緒にしているだけかもしれません。あなたの隣の席の人も実は別の顔があるのかも?

 


ネットビジネスランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気記事ランキング
人気ブログランキング

人気ブログランキング

ページの先頭へ