キーワードの見つけ方 需要の調べ方を徹底解説します!

目安時間6分

検索需要を調べる男性

キーワードの見つけ方 需要の調べ方を徹底解説します!

あなたはキーワードをどういった方法で探していますか?

もしかして適当に勘なんかで探していません?

 

それでも記事の数が多ければブログにアクセスを集めることは可能ですが、どうせ記事を書くならできるだけ検索需要のあるキーワードを使ったほうがいいですよね。

 

といっても、需要のあるキーワードの探し方を知らない人もいるかもしれません。

 

今回は私が実際にやっているキーワードの見つけ方・検索需要の調べ方を解説します。

 

ネタ元よりメインキーワードを見つける

まずメインキーワードを決める必要がありますね。

キーワードはテレビから見つけても新聞などから見つけてもいいですし、普段自分が検索している内容を見てもいいと思います。

自分が実際に検索をしているということは、確実に1回は検索されているということですので。

 

私の場合は、ネタを拾えるブログなどをブックマークしていて、そこから拾うようにしています。

 

たとえばこのサイトとかくらしのマーケット

今回はくらしのマーケットからエアコンクリーニングというキーワードを拾って解説していきます。

 

 

くらしマーケット

 

goodkeywordでサブキーワードを探す

メインキーワードを決めたら、2語目・3語目となるサブキーワードを探していきます。

 

メインキーワードだけで記事を書いてはいけないの?と思う人もいるかもしれませんが、それだけだと強力なライバルと戦うことになりやすいです。

 

サブキーワードを探すには以下のサイトを活用します。

goodkeyword

検索窓に「エアコンクリーニング」と打ち込むと、画像のように無数のサブキーワードが表示されます。

 

goodkeyword

 

エアコンクリーニング 自分で
エアコンクリーニング 料金

 

この自分で料金の部分がサブキーワードになります。

 

画像右上の[表示されたキーワードをすべてコピー ※重複キーワードは削除済]からキーワードをコピーできますので、全てコピーしてメモ帳などに貼り付けておきます。

 

キーワードプランナーで検索需要を探る

検索需要はグーグルのキーワードプランナーというサービスで探ることができます。

 

キーワードプランナーは無料で使えますが、グーグルのアドワーズというサービスに登録する必要があります。

(こちらの記事ではアドワーズの登録については割愛させていただきます、知りたい人はググってみてください)

 

先程goodkeywordからコピーしたキーワードをキーワードプランナーに打ち込むと、実際にグーグルで検索した月間の検索ボリュームを知ることができます。

キーワードプランナー

今回はエアコン クリーニング 安い 時期というキーワードを選んでみることにします。

このキーワードは月間検索数が10~100となっているので、少しは検索需要があることが分かります。

 

ライバルチェックをする

検索需要があってもそのキーワードのライバルが強かったら上位表示は難しくなります。

なので最後にチェックするのはライバルの強さです。

 

どうやってチェックするのかというと、先程選んだエアコン クリーニング 安い 時期を普通に検索します。

そうするとそのキーワードにそった検索結果が表示されます。

 

検索結果の1ページ目、つまり上位10件の中に無料ブログ・Q&Aサイト・NEVERまとめがあれば、そのキーワードは狙い目のキーワードとなります。

 

ワードプレスで書いた記事は無料ブログなどに比べると検索に強く、無料ブログなどの上に表示される可能性が高くなります。

 

今回のエアコン クリーニング 安い 時期では1ページ目の最後にYahoo!知恵袋があったので、このキーワードで書けば1ページ目に入り込める可能性があると判断できます。

 

検索結果

 

まとめ

私が普段おこなっている「キーワードの見つけ方から検索需要の調べ方まで」をまとめてみました。

 

1.メインキーワードを決める
2.サブキーワードを探す
3.検索需要を探る
4.ライバルチェックをする

 

以上の4ステップで確実に検索需要があるキーワードを見つけることができます。

せっかく記事を書くなら、確実に検索需要があるキーワードで書いていくほうがいいですよね?

 

もし現在検索需要を気にせず記事を書いている人がいたら、ぜひ私の方法を参考にしてキーワードを探してみてください。

 

1記事・2記事くらいでは差は出ませんが、100記事・200記事となったときに検索需要を気にしてキーワードを選んでいるかは大きな差となってきますよ。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
人気記事ランキング
人気ブログランキング

人気ブログランキング

ページの先頭へ